タキイ交配 彩里 [ca003]

タキイ交配 彩里 [ca003]

販売価格: 626円~15,552円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

規格:
数量:

メーカー:タキイ種苗株式会社

7月中旬〜8月始播種で10月中旬〜11月中旬に収穫。コンパクトな草姿で良く揃う。球は濃緑色で内部も黄色い。萎黄病に抵抗性で黒腐病に耐病性を持つ。

主な特長

1. 耐病性と栽培適応性にすぐれる。萎黄病に抵抗性で黒腐病にも強い耐病性をもつ。耐暑性と早生性にすぐれ、中間地の10〜11月どりと春まきの初夏どりなど、栽培適応性の幅が広い。

2. 外葉はコンパクト、濃緑色で玉ぞろいにすぐれる。外葉は濃緑色でやや小型。草姿は中開性で均一な生育を示し、玉の形状・サイズがよくそろう。

3. 濃緑色の甲高扁円球で形状安定。球色は濃緑色で球内色の黄色みも強い。玉の形は甲高扁円球で、形状安定性にすぐれ、収穫・箱詰めがしやすい。

4. 結球性にすぐれ、芯伸びしにくい。結球型は初期からよくしまって結球する肥大型。球内の芯伸びが遅く、結球性は安定しておりL玉によくそろう。

栽培のポイン

1. 育苗と初期生育。定植後のスムーズな活着を図るためには、よくそろった健苗を定植することが大切。また、元肥主体で初期生育を促して外葉を作ると共に、結球始めから収穫期まで肥効を切らさないよう、株の生育を見ながら追肥を施す。

2. 栽植密度。外葉がコンパクトなため、極端な密植はせず、栽植株数は畝幅130cm、株間33cmの2条植えで、10a当たり4,600株を標準とする。

3. 肥沃地での栽培に適す。外葉はコンパクトながら、草勢は安定し、均一に生育する。やや多肥栽培向きの品種で、水田裏作などではやや多めの肥料を施す。

4. 播種適期を守る。春まき栽培での極端な早まきは、甲高球になる傾向があるので避ける。

※ 育ち遅れの弱い苗は定植しないこと。

他の写真

  • 参考作型表